おーさわのチャラチャラ交遊録

東京バツイチ応援倶楽部の大澤茂雄です。
「じょん」と呼んでください。
当倶楽部の活動指針は“愛”と“肉体”のリサイクル活動!
活動するにあたり、まずは仲間を求めんことには!
鼻息荒く、今日もノー天気にちゃらちゃらと行く!!
<< これで先に進めるね。 | main | Liberdade(リベルダージ)・ニューイヤーパーティー >>
101歳の祖母。


葬儀。

孫、ひ孫連中も顔をそろえ、しめやかに。
去年の6月、親戚一同で伊香保温泉に行っておいてよかったねぇ。

老衰だそうです。
病気にもならず、痴呆にもならず。

大往生っていうやつなんでしょうか。

100歳以上の方が亡くなった場合、なんか、こういうのが配られるみたい。
5円玉が入ってました。





だいじにしておこう。
そうだ、5歳女児のお守りにすりゃいいか。

葬儀が一段落してから、祖母宅へ。



100年 やすまずに チクタク チクタク
おばあちゃんといっしょに チクタクチクタク
いまは もう うごかない この時計・・・。


っていう歌詞でしたか。
そんな歌がありましたよね。
ふと、口ずさんでましたよ、オレ。


夕方、東京へ戻る。

イトコのタカアキが、なんかこっち方面に用事があるというので、「じゃ、おなじ特急で帰っか」。

で、地元に戻ってきてから「少し時間がある」というので、オレのお気に入りの“モツ焼き&ホッピー”に行って、バカスカ食って飲む。



“5歳女児”は小生意気に、「しおすこし こしょうなし」みたいな注文の仕方でトントロとかを食べてやんの。



おもろい。

でね、「このみせ、うまいね」だそうです。

あはは。


| 旅立ち | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
そうでしたか。それはご愁傷さまでした。

でも、大往生ですね。
素敵。
そうありたいものです。


てか、しおすこし、こしょうなし。って(笑)
おそるべし5歳女児!
| みっか | 2009/01/29 9:24 PM |
>>>みっかちゃん

ども。
今年もよろしく。
“5歳女児”とベリーダンス、見に行くよん。

101歳の祖母、とずーっといってましたけど、すんません、訂正です。

102歳でした。

で、祖母は一種のアイドルでもあったわけでして、これで孫、ひ孫たちの“永遠のアイドル”になった感じですかね。

で、ちなみに“5歳女児”はですね、「ればーはたれがいい」みたいなことも言ってましたぜ。

あんな調子でね!(^^)!

| じょん(おーさわ) | 2009/01/30 1:17 AM |
ご葬儀大変でしたね、喪主歴3回を誇る?渡辺です。
長寿銭ですか、初めて聞きました。お元気に過ごしていて大往生ですね、私もそうありたいものです。
ここ数年でホッピー復活してきました。一時期どの店にも置いてなく飲めなかったのですが、女社長に代わってからよく見かけます。家の近くにもモツ焼き&ホッピーの店があるので、たまに寄りますよ。モツ焼きって駅の方?
| わたなべ | 2009/02/02 3:53 PM |
>>>わたなべ先輩

ご無沙汰ですみません。
コメントをくださり、いつもいつも感謝してます。
ありがとうございました。

モツ焼きは「しんみち通り」です。

こんど、ぜひご一緒させてください。
よろしくお願いします。
| おーさわ | 2009/02/05 1:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chara.tokyo-b.com/trackback/869254
トラックバック
オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦 (JUGEMレビュー »)
大澤 茂雄
「でも、私は家が欲しいのっ!!!」
幸せの象徴を求めて家を買うと決意した姉のために、大学生ナナミは果敢に不動産の世界に飛び込んでいく。
が、ナナミがそこで見たものは・・・

異父姉との絆を取り戻す、ひと夏の経験。
愛と感動の不動産ストーリー。

読めば宅建の勉強が楽しくなります。
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
本棚
MOBILE
qrcode