おーさわのチャラチャラ交遊録

東京バツイチ応援倶楽部の大澤茂雄です。
「じょん」と呼んでください。
当倶楽部の活動指針は“愛”と“肉体”のリサイクル活動!
活動するにあたり、まずは仲間を求めんことには!
鼻息荒く、今日もノー天気にちゃらちゃらと行く!!
<< 【見習い初日】 | main | 海の近くでサンバ\(^o^)/ >>
病みつきスクーター通勤
タクシー会社に出勤するのに、足がないなぁーと思っていたら、社長が「じゃしばらく貸すよ」と私物のスクーター。
ホンダのリード100。
おぉー、久々の二輪車。
娘2号が生まれて以来だから、10年ぶりくらいかな。

エンジンをかけてみる。
排気量はたった100cc。

いままで二輪車はナナハン(750cc)とかCB1300(1300cc)とか、いわゆる大型バイクしか乗ってなかったから「100ccのスクーターなんてどうせたいしたことないだろ」とたかをくくってから、これがさ、たのしいのなんの。

原付スクーター(50cc)とはちがい、100ccとはいえ扱いは自動車。
制限速度は60キロ。
で、100ccのエンジンで60キロを出すと、まさに全開バリバリで、この全力を出し切っての疾走感がたまらなく快感。

で、やっぱり病みつきになりそうなのが、朝の出勤。

朝6時過ぎの出発だから、まだ都内の道路もガラガラ。
そしてこの時期、ちょうど夏前の気持ちよさ。
いいです。とってもいいです。
新鮮な空気感をたっぷり味わいながら、おおよそ40分間のTokyoクルージング。

たまらんですわ。
細胞が喜んでおります。

なんだそうだったのか。
オレはバイクに乗りたかったんだ。

いやぁ〜ん。
気づいちゃいまいた。
| たまには、お仕事! | 23:58 | comments(1) | - | - | - | ↑TOP
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/05/27 11:52 AM |
コメントする









オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦 (JUGEMレビュー »)
大澤 茂雄
「でも、私は家が欲しいのっ!!!」
幸せの象徴を求めて家を買うと決意した姉のために、大学生ナナミは果敢に不動産の世界に飛び込んでいく。
が、ナナミがそこで見たものは・・・

異父姉との絆を取り戻す、ひと夏の経験。
愛と感動の不動産ストーリー。

読めば宅建の勉強が楽しくなります。
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
本棚
MOBILE
qrcode