おーさわのチャラチャラ交遊録

東京バツイチ応援倶楽部の大澤茂雄です。
「じょん」と呼んでください。
当倶楽部の活動指針は“愛”と“肉体”のリサイクル活動!
活動するにあたり、まずは仲間を求めんことには!
鼻息荒く、今日もノー天気にちゃらちゃらと行く!!
<< はやくニンゲンになりたぁーい。妖怪人間。 | main | どういう意味? >>
東京バツイチ応援倶楽部
今宵は「東京バツイチ応援倶楽部」の代表として、都内某区で開催されたボランティア団体の交流会に参加。

そうなんですよ。
「東京バツイチ応援倶楽部」は都内某区の某課において、ボランティア団体登録をしています。

その都内某区の某課っていうのは、男女共同参画社会を作ろう系のセクション。
趣旨には賛同します。
ほんと賛同。

とはいえ、でまたこれが、いつもとはまったくちがう世界。
だってですね、この都内某区の某課に登録している団体がものすごい。

■女性史を考える女性会
■母親連絡会
■女性団体連絡会
■地域を結ぶ会
■女性の仕事・生活を考える会、などなど。

すごいです。
社民党みたいな感じです。
そこの党首、じゃなかった、団体の代表のみなさんが集結。

そんなところに、今宵は乱入。
期せずして、ここ最近は毎週金曜日は異次元にトリップしています。

そんななか、「東京バツイチ応援倶楽部」はかなり異質。
異質っていうか、いちだんと変。
あっはっは。
それがとっても、イタズラしてるみたりでおもしろい。

やっぱり自分は、こういう、軽い反体制的ポジションっていうのが好きなんだなぁ、と実感。
いちおう、今宵の会報誌にはこんなことを書いてます。



皆さんこんにちは。
東京バツイチ応援倶楽部です。
人生いろいろありました。
酸いも甘いもバツイチも。
私たちの活動指針は“愛”と“肉体”のリサイクル活動。
各種飲み会などのイベントを通して、コミュニケーションの場を提供しています。
無理に再婚しなくてもいいじゃないですか。
焦って婚活しなくてもいいじゃないですか。
その前に、みんなでいろいろお話したりしませんか?
浅草の老舗喫茶店でコーヒー紅茶を楽しんだり、ドレスアップして三ツ星レストランでお食事したり。たまには80年代歌謡曲カラオケ大会とか。
飲んで食べて歌って踊って。
レッツ・恋のリハビリテーション!
そんなひとときをあなたにも!!(^^)


ロゴも作りました。
〜遊び心で未来を作る〜



で、「もっと気楽に、オトコとオンナで交流しませんか!」みたいな主張をしたら、あらま、これまたなんと、賛同をいただきました。

軽いタッチがよかったみたい。

そうなのだ。
オレの発言には“独特の軽み”がある(←自覚あり)。

なんだかんだ、そうこうしているうちに、女子のみなさんと仲良くなりまして名刺交換。

で、「ボディーショップ系の某団体」と、某区の某地域の「街の応援隊」の代表たちと盛り上がりまして、じゃ、ハンドマッサージの講習会をメインにした「オトコとオンナのコミュニケーション」系のイベントを企画しましょうか、という流れに。

楽しい騒ぎが巻き起こりそう。

じゃさ、彼女を欲しがっているサンバチームの独身男子を大量動員します。

なんてことを言ってみたら、

あ、じゃ、かわいい女の子をいっぱい呼びますね、とのこと。

マジっすか!!!



じゃ、オレは主催者側じゃなくて、純粋に参加者になろっと。



というとこで、今宵もワーキャーたのしかったです。
ありがとうございました。
| 東京バツイチ応援倶楽部 | 23:59 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
コメントする









オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦 (JUGEMレビュー »)
大澤 茂雄
「でも、私は家が欲しいのっ!!!」
幸せの象徴を求めて家を買うと決意した姉のために、大学生ナナミは果敢に不動産の世界に飛び込んでいく。
が、ナナミがそこで見たものは・・・

異父姉との絆を取り戻す、ひと夏の経験。
愛と感動の不動産ストーリー。

読めば宅建の勉強が楽しくなります。
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
本棚
MOBILE
qrcode