おーさわのチャラチャラ交遊録

東京バツイチ応援倶楽部の大澤茂雄です。
「じょん」と呼んでください。
当倶楽部の活動指針は“愛”と“肉体”のリサイクル活動!
活動するにあたり、まずは仲間を求めんことには!
鼻息荒く、今日もノー天気にちゃらちゃらと行く!!
永遠なる英雄、ここに帰還!!


観てきました、一人で。
いちおう、娘2号を誘ったんだけど、一蹴されました(笑)。

ショッカーがね、たいへん。
分裂しちゃってね。
旧態依然としたショッカーに嫌気がさした若い衆が、新しいショッカーを設立。
で、あろうことか、というかやはりというか、下っ端の戦闘員はみんな新しい会社、じゃなかった新しいショッカーに移籍してしまう。

旧ショッカー側は激怒。
裏切り者は許さん、とまさに血の抗争。
そうです、東映お得意の、仁義なき戦い路線。
しかしながら、新しいショッカーのほうが、凶暴で凶暴で、暴虐の限り。
オマケにスタイリッシュでかっこいい。

この映画のキーマンとして登場するのが、今は亡き立花藤兵の孫娘・高校生の麻由ちゃん。
本郷猛が育ての親という設定。

しばらく日本を留守にしていた本郷猛は、彼女に会いに戻ってくる。
しかし、娘は仕事に明け暮れていた(つまり仮面ライダーだから世界各地でショッカーとの戦いをしていた)父親を許していない。

あぁー、年ごろの娘との断絶。

・・・もうこの設定だけで、泣ける。
なんとか絆を取り戻そうとする父。

遊園地にいったり、ゲームセンターにいって太鼓の達人とかやるのよ、彼らは。
・・・もうこの設定だけで、思いあたる節がいっぱいあって、泣ける。

ところが、45年にわたり肉体を酷使し続けてきた(つまりショッカーの死闘を繰り広げてきた)代償があまりにも大きく、仮面ライダー1号は肉体的にボロボロであった。
で、あぁー、なんということか、本郷猛は病で倒れてしまう。

だが襲いかかる新旧のショッカー軍団。
いかねばならぬ。
病を押しての戦い。

で、まさか、まさか、まさかぁーーーー!!!

と、ここからが、ワー、ワー、ワーと物語は激しく展開していくのであります。

旧ショッカー側に地獄大使(おぉーなつかしぃー)が登場したり、現役バリバリの「仮面ライダーゴースト」チームも暴れまくったりと、幅広い世代でたっぷり楽しめるエンターテイメントでした。
| 映画で人生を学ぶ | 22:11 | - | - | - | - | ↑TOP
サラバだぜ。


こういうオトナになりたいなぁ〜。

定年退職寸前の2人が暴れまくり、サイコー!!
ド派手なカーチェイス&バイク。
ドンパチも存分にあってね。
敵役の吉川さんが、これまた怖くてステキ。

そんでもって、もちろんいいオンナも。

港署のラストパーティー。
イッツショータイム。

こうでなくっちゃねー。
やっぱりね、こういう映画が大好き!!

日産のレパードが登場したりして感涙。
| 映画で人生を学ぶ | 23:41 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
映画「皆殺しのバラッド」


皆殺しのバラッド
〜メキシコ麻薬戦争の光と闇〜

こんどはこの映画に行ってみようかと。
いっしょに行きませんか!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

手にはAK-47(カラシニコフ銃)
肩にはバズーカ
邪魔する奴は頭を吹っ飛ばす
俺たちは血に飢えているんだ
殺しには目がないぜ

世界で一番危険な街
シウダー・フアレスを舞台に
メキシコ麻薬戦争の最前線に密着した
戦慄のドキュメンタリー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・・・・それにしても物騒ですわ!!


【予告編】
| 映画で人生を学ぶ | 23:51 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
映画『三代目襲名』




日曜の夜。
渋谷で映画を観てきました。
遅い時間の最終上映。

『三代目襲名』
高倉健さん主演。
1974年の東映。

タイトルや内容もろもろ、諸般の事情によりDVD化は不可能といわれている一品。
なので、劇場じゃないと観れない映画でございます。

久しぶりに、健さんの男気。
義理と人情。
たっぷり堪能しました。

| 映画で人生を学ぶ | 23:59 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
安川惡斗『がむしゃら』


生きるのって苦しい、
でも楽しい

映画『がむしゃら』
急に思い立って、夜、雨が振って寒の戻り、メチャ寒かったけど渋谷の映画館に行ってきました。

壮絶な人生・・・
・・・・と、書いちゃうのかカンタンなんだけど。

ドキュメンタリーの迫力。
ノンフィクションの説得力。

プロレスのリング。
わかったから。
もう、わかったから。。。



観れてよかったです。
もう、応援しちゃうよね。
マジで。
| 映画で人生を学ぶ | 23:07 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
健さん、文太兄ぃ〜!!


月刊シナリオ。
健さん、文太兄ぃが・・・(涙)
追悼特集。

シナリオを堪能。
脳裏に、健さん、文太兄ぃが、鮮やかに躍動。
じぶんだけの、ステキな映画です。
| 映画で人生を学ぶ | 23:59 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
文太兄ぃーの追悼上映会




トラック野郎。
たっぷり観てきました。
笑いあり涙あり。
かっこいいったらありゃしない。
大好きでした。
・・・・ありがとうございました。


| 映画で人生を学ぶ | 23:29 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
娘2号と女子ーズ


土曜の夜、観に行きました。
お・も・し・ろぉーーーい!!
娘2号もゲラゲラ笑っておりました。

映画館ほぼ満席。

次々と迫り来る怪人。
「女子ーズ」は地球の平和を守っているんだけど、片手間っていうのが、爆!!
ついつい、自分の都合とか気持ち、恋愛を優先しちゃう。
5人そろわなければ繰り出せない必殺技(・・っていうか、これでしか怪人を倒せない)があるんだけど、そもそも5人そろわない。

あっはっは。

そんでね、色がね、レッド、イエロー、グリーン、ブルー、ネイビー。
そうなのよ、定番のピンクはなし。
そんでもって、ブルーとネイビーが「キャラがかぶる」ということで、怪人を目の前にしてもめたり。

あたし、ベージュがよかったのにぃ〜!!

思わず、爆笑してもーた。

ワタクシの数少ない恋愛経験からで恐縮ですが、「いたいた、こういう女子」と思い当たる節、多々あり(笑)

そんで怪人も怪人で、戦いを前にして、メンバーの足りない「女子ーズ」が「いまちょっとみんな呼んできますんで」と言われて、律儀に待ってたり。

で、5人そろった女子ーズにあっさり葬られたり。

あっはっは。

このあたりも、思い当たる節、多々あり(笑)

そんな女子ーズ、大好き!!

http://jyoshizu.com
| 映画で人生を学ぶ | 23:33 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
映画「リベンジ・マッチ」
気になる映画です。
リベンジ・マッチ(米)。

http://wwws.warnerbros.co.jp/grudgematch/

シルベスター・スタローン。67歳。
ロバート・デニーロ。70歳。

とうに峠を過ぎた2人が、過去の代表作「ロッキー」と「レイジング・ブル」のイメージを背負い、ボクシングで対決する!!

4月4日(金)の読売新聞(夕刊)の評によりますと、設定が設定だけに《とんだ茶番を見せられる気がしていた。ところが意外にも、ズシリと思いパンチを食らった。心を打たれたのである》とのこと。

で、公式サイトのキャッチコピーが、いいですよね、これがまた。

ハナタレ共、これが人生をかけた戦いだ。

・・・・・ですよ。

アラフィフの皆さん。
我々もまだ、ハナタレ共。

よっしゃ。
オレもまだまだ、戦おう。

・・・・・と気合いが入りそう!!

近々観に行ってきます。
男臭いオヤジを目指すぜ!!(笑)
| 映画で人生を学ぶ | 23:37 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
全員悪人!!!!


金曜(本日)まで「アウトレイジ」と「アウトレイジ・ビヨンド」の2本立て。
アウトレイジ・ビヨンドは観るの2回目なんだけどね。

さすが15禁。
「どうやって人を殺そうかというプロセスを先に考え出し、それに対しストーリーを後付けした」んでしょ。
1のほうが、血なまぐさいかな。
2は2で、もちろん血しぶきは飛び交うんだけど、言葉の暴力がスゲー。
もうさ、関東弁VS関西弁のすさまじい応酬がサイコー\(^o^)/

ご出演の俳優の皆さんも、もう、もう、オトナの男ばっかり。
なので男の魅力全開。
すさまじい肉弾戦。

情婦や子どもが出てきて「あなたぁ・・・」みたいな、よくある「うざいシーン」がぜんぜんないのがいいです。
とにかく、血みどろ。

観終わってからトイレにいったんだけど、後ろから撃たれる気がした。
| 映画で人生を学ぶ | 21:22 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
オススメ♪
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦
宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦 (JUGEMレビュー »)
大澤 茂雄
「でも、私は家が欲しいのっ!!!」
幸せの象徴を求めて家を買うと決意した姉のために、大学生ナナミは果敢に不動産の世界に飛び込んでいく。
が、ナナミがそこで見たものは・・・

異父姉との絆を取り戻す、ひと夏の経験。
愛と感動の不動産ストーリー。

読めば宅建の勉強が楽しくなります。
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
本棚
MOBILE
qrcode